アップル歯科 APPLE DENTAL CLINIC 院長 伊神京子 お問合わせはお気軽に! 0587-51-0418

小児歯科 -Child dentistry

小児歯科 Child dentistry 院内設備 Equipment in a clinic 自費診療 Own expense examination インプラント Dental Implant 矯正・インビザライン Dental Orthodontic and Invisalign 料金表 Price List スタッフ募集 icoi QRコード

乳歯に対して、「いつか抜けて永久歯に生えかわるからいいだろう」と、甘い認識がありませんか?

乳歯の役割

  • 食べ物をかみ砕く
  • 発音する際、大きな役割をもつ
  • 顎と顔面の成長に大きく関与する
  • 乳歯から永久歯に生えかわる際、永久歯を誘導する役目
歯

上記の事から、乳児期の歯の健康管理は、一生自分の歯で食事をし健康で前向きな人生を
送るための基礎作りであると言えます。

乳歯が虫歯になりやすい理由

  • 乳歯は永久歯に比べ、歯が柔らかく、五分の一の固さしかない。
  • 甘いおやつや甘いジュースを好む食生活習慣は、おおいに虫歯の進行スピードを早める。
  • 歯磨きやうがいの技術が未熟。
  • 物が歯に挟まる、冷たいものがしみる等、虫歯の症状についても幼児は自覚が薄く、
    訴えることが少ないため、虫歯に気付くのが遅れる。

では、乳歯の虫歯予防、歯肉炎の予防の理想とは

虫歯、歯肉炎の一番の予防法は家族で正しい歯磨きをして頂くことです。
歯が1、2本でも生えてくれば歯の手入れが必要となります。
よく噛んで食べる事
食物をよく噛むことは、実は歯の掃除効果があります。
柔らかすぎないもの、野菜、果物の食物繊維は効果が高くなります。
またよく噛むことで唾液が多く出るので、歯が強くなります。
甘い物は虫歯の原因だという事を認識すること。
甘いものを食べすぎない。砂糖は虫歯菌の栄養となります。
甘いジュースを飲み、甘いお菓子をダラダラ食べ続けることは、歯の表面を溶かします。
その後、歯磨きをしたとしても、溶けた歯の表面は回復しないこともあります。
定期健診を受けましょう。 子供さんにとって「歯科医院は虫歯にできたら行くところ」ではありません。
定期的な歯の検査、掃除、フッ素塗布でお口の健康を守りましょう。
また、もし虫歯が出来てしまった時も早期発見、早期治療であれば簡素な痛みのない治療で済みます。
↓
「いずれ抜ける歯だから」「歯医者さんはこわいところだから」
小児歯科に対する、間違った思い込みを変えて頂けましたか?」

▲ページトップに戻る

HOME院長・スタッフ紹介初診の方へ交通案内・診療時間小児歯科院内設備自費診療