アップル歯科 APPLE DENTAL CLINIC 院長 伊神京子 お問合わせはお気軽に! 0587-51-0418

矯正・インプラント -Dental Orthodontic and Invisalign

小児歯科 Child dentistry 院内設備 Equipment in a clinic 自費診療 Own expense examination インプラント Dental Implant 矯正・インビザライン Dental Orthodontic and Invisalign 料金表 Price List スタッフ募集 icoi QRコード

医療費について

 医療費控除について

矯正治療は、医療費控除を受けることができます。

発育段階にあるお子様の歯列矯正は、美容目的の歯列矯正とは違って医療費控除を受けることができます。
医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの1年間に、ご自身とご自身と生計を共にする親族のために医療費として支払った額が10万円を超えた部分に対し、確定申告の際に所得控除を受けることができる制度です。
これにより所得税の還付または軽減となり、医療費の負担を軽くすることができます。

医療費控除の注意点
※確定申告のための書類は、市町村役場や税務署にあります。
(国税庁のホームページで、印刷や作成することも可能です。)
※確定申告には、治療費の領収証が必要となります。
※医療費控除額は、最高で200万円です。
(その年の総所得金額が200万円未満の人は、総所得金額等の5%が医療費控除の限度額となります。)
※医療費控除の対象となるのは、矯正の費用だけではありません。
 ●治療の為の通院費。
小さいお子さんの通院に付き添いが必要な時などは、付添人の交通費も通院費に含まれます。
(自家用車で通院した時のガソリン代や駐車場代等は対象外)
 ●治療又は療養に必要な医薬品の購入代金 
※セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)との併用はできません。
その他、詳しくは国税庁のホームページwww.nta.go.jpでご確認ください。

インビザライン

 インビザラインとは

歯科用CT invisalign system(インビザライン・システム)は、最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)等 の最先端技術を融合させた、新しいアプローチの歯科矯正治療システムです。
これまでに全世界で7万人以上の先生方が、インビザライン・システムによる治療を行うための認定を受けられ、 累計では210万人以上の患者様がインビザライン治療を受けています。(2012年12月現在)
信頼性も高く、金属のワイヤーを使用しないため、見た目が自然で矯正装置をつけていることが目立ちません。
また一般的な矯正治療に比べ普段と同じように食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどないと言われています。
「ワイヤーがあたって痛い」といったことがないため、通院いただく回数も最低限におさえられます。

 インビザラインの特徴
歯科用CT

1. 痛みがほとんどありません

インビザラインは今までの矯正装置に比べ、比較的痛みが少ないと言われています。
その理由の1つとして、インビザラインでは1つのマウスピース(アライナー)で歯の移動できる範囲が決められており、 過度な力がかかりにくいことが挙げられます。
また、ワイヤーやブラケットを使用していない為、装置が粘膜に当たる痛みや刺さる痛みは無く、口内炎ができることはほとんどありません。
矯正治療中は上下の歯を咬んだ時にマウスピース(アライナー)全体に力が分散するため、 移動中の歯に特に痛みを感じるということがありません。新しいマウスピース(アライナー) に交換した直後はしめつけられるような感覚(痛みと違和感の間くらいの感覚)がありますが、数分から数時間で消失します。
歯科用CT

2. 透明で目立ちません

マウスピース(アライナー)は薄く透明な装置ですので、装着していることがわからず、見た目にストレスを感じさせません。
また矯正装置のような厚みや凹凸がないためしゃべりづらさや発音障害もありません。


3. 取り外しができます

矯正装置がお口の中に入ることによってむし歯や歯周病のリスクが上がってしまうと一般的にいわれています。 せっかく歯並びを治しても、むし歯になってしまったのではとても残念です。
インビザラインのマウスピース(アライナー)は取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。 従来型の矯正装置のように装置と歯面の間にプラークが沈着することがないので矯正中は歯や歯周組織を健康に保てます。 また、マウスピース(アライナー)は歯ブラシで簡単に洗浄ができ、口腔内を健康な状態に保つことができます。

4. 金属アレルギーでも大丈夫です

マウスピース(アライナー)はプラスティック製のため、重篤な金属アレルギーの方でも安心して矯正治療が可能です。
また、金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、治療期間中に装置が脱落するなどの緊急性を要することがありません。 金属アレルギーの心配もありません。

5. 食事制限がありません

食事の時は装置を外すことが可能なので、従来の矯正装置のような食事のたびに食べ物が装置にからみつくわずらわしさがありません。 食事制限がないため矯正をはじめる前と同じような食生活が可能です。

 インビザラインの治療の流れ

1.カウンセリング

患者さんのお口のお悩みをお聞きし、必要な処置、治療期間、費用などをご説明します。
矯正治療を希望される場合は精密検査のご予約を取ります。(約30〜60分)

2.精密検査

インビザラインを使用した矯正治療に必要な検査を行います。
口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯型採りを行います。(約30〜40分)

3.治療計画作成

治療計画についての説明、契約書の作成を行います。
矯正治療、抜歯が必要な場合はその日程を決めます。(約30〜40分)

 インビザラインの利用

歯科用CT ・透明感があり、装着していても目立たない。
・食事中には矯正器具を外して自由に食事をすることができる。
・器具を外して清掃できるため口腔内を清潔に保ちやすい。
・クリンチェックの3Dアニメーション動画で、計画された歯の移動を患者様自身も確認することができ、治療に対するモチベーション向上につながる。
・器具が透明なため審美的に優れる。
・コンピュータ上の3Dシミュレーションを通じ、歯の移動や治療計画を視覚化できる。
・アライナーを利用して矯正と同時にホワイトニング(歯牙漂白)を行うことができる。

 アライナーの作製方法(手順)

一つのアライナーで0.25mm歯を動かすことができるように予め設定されています。印象(型取り)や口腔内写真・顔貌写真、 治療計画書等の患者記録をアメリカにあるアライン・テクノロジー本社技工所にオンライン送信、郵送等で送ります。

そしてインターネットでの双方向なやり取りを通じてコンピュータ上で歯を理想的な位置に動かし、 独自のCAD/CAM(光造形)技術で、最大0.25mm動かす毎に一つずつ、治療完了までのすべてのアライナーを作成します。

 インビザラインと他社のマウスピース型矯正装置との違い

インビザラインの他にも、マウスピース型の矯正装置は数種類あります。 他の装置とインビザラインの最大の違いは、患者様の歯形をCTスキャニングすることによって、 三次元的に治療経過を組み立てることができる点です。他のマウスピース型装置で行われる、 個々の技工士の手作業により歯形を組み立って行く方式に比べて、遥かに正確で再現性の高いシステムなのです。

さらに、他のマウスピース型装置では、来院のごとに歯形を取る必要があるのに対し、 インビザラインでは歯形の採得は初回のみ(術中の再製作時を除く)です。 不快な歯形を取る作業が一度のみというのは、患者様にとっても大変に快適だと好評を頂いております。 現在メンテナンスにいらしている県外や遠方から来院している方や、 海外出張の多い患者様、海外在住の方の多くがインビザラインを選ばれています。

一方、インビザラインによる矯正では、開始時のドクターの診断技術がとても重要になりますが、 この診断技術が確実なものであれば、患者様がご自宅で定期的にマウスピースを交換して頂くことで安定的に治療を進めることができます。 診療に関わる患者様のストレスを飛躍的に減らす事ができます。

下記に示す通り、従来の歯牙模型の歯を分解しワックスで固めていた時代と比較して、 各段に精度の高い設計と治療予測、治療説術が可能となりました。

 他の矯正装置と比較した長所と短所

長所 他の矯正装置と比べて虫歯や歯周炎になりにくい。
他の矯正治療と比べて大幅に通院回数が少ない。
ブラケット脱離やワイヤーが粘膜に刺さるなどの緊急のトラブルがないため遠方の方でも安心して矯正が出来る。
プラークの沈着が少ないため矯正中は歯周組織が健康に保てる。
矯正力による痛みがほとんどない。
装置が見えない、目立たない。
ホワイトニングが同時に行える。
短所 症状によりアライナー単独では治療出来ない場合がある。
その場合はインビザライン治療の前後に従来型の矯正装置が必要になる。
12歳臼歯が生えていない小児(小学生)の矯正治療には適さない。

 インビザラインに関する主なホームページ
日本
「インビザライン・ジャパン・ホーム」
日本インビザライン公式ホームページ →こちらをクリック
海外
「Aligntech institute」
患者さまとドクターのためのインビザライン情報サイト →こちらをクリック
「Align Technology, Inc」
投資家向けの米国アライン・テクノロジー本社のサイト →こちらをクリック

大人でもできる矯正治療

矯正歯科は子供だけと思ってあきらめていませんか?
最近では、長年、歯並びが気になっていた大人の方はきれいな歯並びになりたいと、相談される事が多くなり、実際に矯正治療を行っています。
しかし、大人の矯正治療は子供と同じ治療を行うことはできません。大人は子供と比べ多くの問題点があります。例えば、歯の移動に時間がかかること、あごの骨の成長発育は終わり、成長発育を利用した治療法はできないこと、虫歯や歯槽膿漏(しそうのうろう)によって歯の数が減っていたり、歯がグラグラしている場合が多いこと、あるいは矯正装置に対する違和感や社会的制約が大きい事などが挙げられます。
そこで、このような問題点を、できるだけ患者さんの希望に応えられるように歯周病、補綴治療を考慮した矯正治療を当院では行なっております。
また、治療内容は一人一人異なりますので、相談の上、精密検査を経て決めることになります。ぜひお気軽にご相談ください。

 
 治療の流れ
1 矯正相談
歯並びについてのご相談と治療の概要をお話します。
 
2 精密検査
治療計画を立てるために必要な資料を採得します。
 
3 診断
審査結果に基づいて治療方法、期間、費用などについて説明します。
 
4 動的治療
診断説明を十分に納得していただいた上で治療を開始します。
 
5 保定
動かした歯が後戻りしなように安定させる期間です。
▲ページトップに戻る

|HOME院長・スタッフ紹介初診の方へ交通案内・診療時間小児歯科院内設備自費診療